金沢21世紀美術館で無料で楽しめるアート作品や見所8選(金沢でおすすめのランチ情報も)

TRAVEL

数年前に金沢に行った時に立ち寄って、また是非行きたいと思っていた、「金沢21世紀美術館」に再び行ってきました。無料の交流ゾーンと有料の展覧会ゾーンがあり、無料ゾーンだけでも、様々な作品が展示されていて楽しめます。気軽に立ち寄って、アートに親しむことができ、デートや友達とのお出かけ、家族旅行、一人旅にもおすすめです。

HPによると、6月27日(土)に全館再開するそうです。「金沢市役所・美術館駐車場」は地下にあり、322台駐車できます。

週末や繁忙期には周辺の道路を含め駐車場が大変混雑するので、ご注意ください。はじめの30分は無料で、以降30分ごとに150円です。平日の17:45以降、土日祝、年始は館内にて基本料金割引サービスを受ける必要があり、割引サービスを受けられなかった場合は、時間料金に加えて基本料金(30分350円)をお支払いする必要があるそうです。

https://www.kanazawa21.jp/

カラー・アクティヴィティ・ハウス

金沢21世紀美術館に向かうと、まず目に飛び込んでくるのがこのアート作品です。Colour activity house(カラー・アクティヴィティ・ハウス)は、「色の三原色ーシアン、マゼンタ、イエローの色ガラスの壁が、一点を中心に渦巻き状のパビリオンを形成している作品(HPから引用)」です。

小さい子どもから大人まで楽しめて、アートを体感できる素敵な作品です。普段あまり意識しない光や色の重なりを体感でき、新鮮な感覚です。

スイミング・プール

こうして見ると、一見普通の普通のプールのようですが、中に人が入れるスペースがあり、不思議な感覚が得られる、体験型アートです。(中に入るのは有料です。)「あたかも深く水で満たされているかのように見えますが、実際は、透明のガラスの上に深さ約10センチの水が張られているだけで、ガラスの下は水色の空間(HPから引用)」です。

工夫次第で様々な楽しい写真が撮れる、インスタ映え&フォトジェニックなアート空間です。

複数人で行った時には、一人が有料ゾーンの中に入って、一人は無料ゾーンの外から見たりするのも楽しいかもしれませんね。

まる

お天気や時間帯によって、映り込む景色も違いますし、中にも入れたり、自分の姿があちらこちらに映り込んだり、とっても楽しい作品です!今回の記事の一番上の写真もこの作品で、雲があると大分表情が違って見えますよね。

晴れでも曇りでもそれぞれ楽しめるのが素敵ですし、時間帯によっても見え方が変わるのが魅力的ですね。

ブルー・プラネット・スカイ

ジェームズ・タレルの作品です。「空間に入ると、正方形の天井の中央部分にある正方形に切り取られた空(HPから引用)」が楽しめます。こちらの作品も、時間帯やお天気によって、違う風景を楽しめるのが魅力です。曇りの時はこちらです。(あまりに気に入ったので、二日連続行ってしまいました。)

ベンチに座って、ボーっと空を眺めて、のんびり鑑賞していると、時を忘れます。大好きな空間です。

雲を測る男

生と死をテーマにしているそうです。「本作品は『終身犯』(1961年 米国)という映画から着想を得て制作され、映画の終わりで研究の自由を剥奪された主人公が、今後は何をして過ごすのかと問われ、雲でも測って過ごすさと答えました(HPから引用)」。この男性はここでずっと雲を測っていらっしゃるんだなぁ…

最初に金沢21世紀美術館に行った時にも印象的な作品だったので、「久々に再会できたね~」と感慨深く感じました。

アリーナのための クランクフェルト・ ナンバー3

「金沢21世紀美術館の建物を取り囲む芝生に設置された12 個のチューバ状に開いた筒は、地中を通る管が2 個ずつペアでつながっていて伝声管の役割を果たしています(HPから引用)」。声を発してみて、ペアのものを見つけ出すのも楽しいです。お子さんも楽しめると思います。

知らない人の声がどこからか聞こえてきたり、楽しく会話したり、つながれたりして、面白いです。

ラッピング

屋外に展示されている「ラッピング」です。「美術館の周囲の芝生の上に、子どもが内部に入って遊ぶこともできるように設置されたパビリオン(HPから引用)」です。不思議で面白い形ですよね。作品の中にも入れるのが楽しくていいですよね。ついつい童心に帰って遊んでしまいます。

ラビット・チェア

この「ラビット・チェア」も大人気の撮影スポットで、特にうさぎのポーズで記念撮影する女性グループが多くて、可愛かったです。普通に休憩するもよし、楽しく撮影するもよし、素敵な空間で、癒されました。

金沢21世紀美術館は最高の癒しアート空間です

行くたびに大好きになり、また行きたくなる「金沢21世紀美術館」。探検気分で色んなアート作品を間近で体感し、楽しめるのが最高です!

その時々で、魅力的な展覧会も開催していて、それもまた楽しみです!こんな素敵な美術館が近くにあったら、たびたび通っちゃうな~。お近くの方が羨ましいです!金沢には他にも魅力的な場所や美味しいものが満載ですし、また絶対に訪れたいと思います。

大人気の美術館で、週末は特に混みあうことが多いので、もし可能であれば平日などに行かれて、自分のペースでゆったり回ることをお勧めします。また、最初にご紹介した駐車場が満車の場合は、周辺の公共・民間駐車場をご利用されるといいと思います。

金沢市駐車場案内
インターネットを使って中心市街地の駐車場情報(満空情報を含む)を案内します。地図から選択、時間帯・金沢市のエリア・施設・観光地などから駐車場を検索出来ます。

尚、今回のこのブログの記事は、以前のブログに2018年に書いたものをリライトしたもので、以前のブログからは記事を削除しました。

金沢でランチするのにおすすめのお店:「もりもり寿し」

もりもり寿し 金沢駅前店 (北鉄金沢/回転寿司)
★★★☆☆3.71 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

最初に金沢に行った時に、「もりもり寿し 金沢駅前店」でお寿司を頂いて、その美味しさに感動しました。回転寿司なので、お店にも緊張せずに入れて、注文も気軽にできますしね。金沢駅からすぐの「金沢フォーラス」6階にあるので利便性も最高で、おすすめです。これまであまり興味がなかった光り物も、「もりもり寿し」さんでお寿司を頂いて、「めっちゃ美味しい!」と思って、それ以来大好きになりました。

なので、二回目に金沢に行った時も是非「もりもり寿し」さんに行きたいと思い、「もりもり寿し 藤江店」に向かいました。駐車場も沢山あり、車で行くにはありがたいです。平日限定のランチセットがあったので、注文してみました。おまかせにぎりと、こだわりにぎりをそれぞれ1セットずつ注文しました。ネタはその日によって違うようです。

どれもこれもとっても美味しくて、一つ一つのお寿司が食べ応えがあって、大満足!特にブリやトロ、エビやカニが、とろける美味しさでした。せっかくなので、ランチセット以外のネタもタッチパネルで注文しました。カニ味噌も、イカの沖漬けも、白子も全部美味しかったです。「もりもり寿し」さん、金沢駅前店も藤江店も両方おすすめです!また是非伺いたいです!

もりもり寿し 藤江店 (金沢/回転寿司)
★★★☆☆3.54 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

金沢で宿泊するのにおすすめの宿:「ホテル日航金沢」

駅からも近くて、コンビニも近くにあり、とても便利な立地でした。スタッフの方の対応も良く、お部屋も清潔感があり、眺望も良かったです。宿のパーキング(1,000円)に車を停めてから、金沢観光に向かいました。快適に過ごせて、自信をもっておすすめできる宿です。また利用したいです。

このブログ記事を見てくださったアート好きの方には、直島でアートを体感する旅の記録とおすすめの観光スポットのブログ記事もおすすめです!また、愛知県にある佐久島は名古屋から日帰りで行けるアートの島で、家族旅行やデート、観光にもおすすめのブログ記事も良かったら。「大江戸温泉物語TAOYA志摩」で草間彌生さんの「南瓜」に出逢えます【三重県鳥羽市】のブログ記事もおすすめです!さらに、星野リゾート奥入瀬渓流ホテルに宿泊して、アートや自然、ねぶたを楽しむ旅へ【青森県】のブログ記事はこちらです。

タイトルとURLをコピーしました