豊田市美術館「久門剛史 らせんの練習」&開館25周年記念コレクション展へ【愛知県豊田市】

TRAVEL

まだまだ暑い日が続いていることもあり、涼しい環境で楽しめて密にならない場所に行きたいなぁと考えたところ、久々に愛知県豊田市にある豊田市美術館に行くことにしました。「久門剛史 らせんの練習」&開館25周年記念コレクション展VISIONpart1「光について/光をともして」を開催中です。人気の美術館ですが、会期半ばの午前中に行ってみたところ、土日ですがあまり混んでいなかったので良かったです。涼しい館内でアート体験ができ、これからの時期のお出かけにもおすすめです。インスタ映え&フォトジェニックなスポットも満載です。

豊田市美術館(愛知県豊田市)

豊田市美術館は、1995年に開館しました。設計は美術館建築で有名な谷口吉生(たにぐちよしお)さんです。庭園はピーターウォーカーさんによるものです。

名鉄豊田市駅から徒歩で15分、東名高速豊田ICから車で15分のところにあります。駐車場は無料で、約250台分あります。

豊田市美術館には、近代から現代の国内外を問わず幅広い所蔵品があり、毎回どんな展覧会が開催されるのか、とても楽しみです。

駐車場から美術館に向かうアプローチも、美術館の建物や庭園もとっても素敵で、美術館に近づくにつれ、いつもワクワクしてきます。

美術館のある場所は、豊田の中心市街地を見下ろす小高い丘の上にあるので、美術館の中から豊田市の中心市街地を見ることができます。

豊田市美術館
豊田市美術館の公式ホームページ。展覧会、関連プログラム、コレクション、刊行物、ミュージアムショップ、レストラン、茶室に関する案内のほか、団体申込み、市民ギャラリー、友の会などの情報を紹介。

久門剛史 らせんの練習

新進作家久門剛史さんによる国内初の大規模な展覧会です。展覧会は3月から開催されていて、9月22日までです。

観覧料は一般1,000円ですが、マスクをしていたので、マスク割で100円引きで、900円でした。すごく良い取り組みだなぁと思います。

久門剛史さんの作品は、五感すべてを使って、体感するような作品ばかりで、ドキドキわくわくしました。

部屋に入った瞬間、思わず「うぁー!」っと感激の声をあげてしまいました。是非実際に体験して頂きたいです。

開館25周年記念コレクション展VISIONpart1「光について/光をともして」

コレクション展の中に、奈良美智さんの作品があるということで、楽しみにして向かいました。それぞれの作品と静かに向き合えて、すごく心地よいひとときでした。

豊田市美術館の館内では、写真撮影が可能だったので、撮影させて頂きました。ただ、動画撮影は不可です。

茶室での期間限定の特別展示

8月1日から9月22日まで、美術館の敷地内にある茶室「童子苑」で期間限定の特別展示をしています。

過去何度も豊田市美術館を訪れたことがありますが、お茶室に行くのは今回初めてでした。

とっても素敵なお茶室&庭園でおすすめです!静かなひとときを楽しめます。今まで立ち寄っていなかったことを後悔しました!

豊田市美術館はアートを体感できる癒し空間で、おすすめ

豊田市美術館には、テラスを見ながら食事やお茶が楽しめるレストランもありますし、美術に関する書籍や様々な素敵なグッズが並ぶミュージアムショップなどの施設もあります。

豊田市美術館では、メインのアート体験は勿論のこと、ミュージアムショップのグッズも素敵なセレクトで、毎回行くのが楽しみです。

インスタ映えスポットも満載で、フォトジェニックな空間です。色々と工夫して写真を撮るのを楽しめること間違いなしです。

美術館自体の建物もとっても素敵ですし、庭園にも癒されるので、アート好きには是非一度訪れて頂きたい素敵な空間で、おすすめです。

短い時間でしたが、久々にお出かけできて、プチ旅気分が満喫でき、最高にリフレッシュできました!素晴らしいひとときを、ありがとうございました!

アート好きの方には、同じ愛知県にある佐久島は名古屋から日帰りで行けるアートの島で、家族旅行やデート、観光にもおすすめのブログ記事も良かったら。「大江戸温泉物語TAOYA志摩」で草間彌生さんの「南瓜」に出逢えます【三重県鳥羽市】のブログ記事もおすすめです!さらに、豊田市美術館周辺でランチスポットをお探しの方には、「タニサラ」豊田市駅近くでランチがおすすめのタイレストラン【愛知、豊田】もおすすめです。同じ三河エリアの13倉庫は西三河のクリエイターのシェアアトリエショップでカフェもおすすめ【愛知県安城市】も良かったら。また、最近オープンしたららぽーと愛知東郷のプレオープンに行ってきました!【愛知県東郷町】のブログ記事も良かったら。さらに、新美南吉記念館&見頃の彼岸花を見に、愛知県半田市へ【名古屋から日帰りドライブ旅】もご覧ください。半田赤レンガ建物&パンのトラ&リヴェール二ツ坂へ【愛知県半田市へ名古屋から日帰り旅】も良かったら。

タイトルとURLをコピーしました