ジブリパーク、青春の丘で「耳をすませば」の世界観を楽しんできました【愛知、モリコロパーク】

お出かけ

愛知のモリコロパーク内にあるジブリパークに約1年ぶりに行ってきました。前回はチケットがとれなかった「青春の丘」エリアに今回やっと行くことができました。「耳をすませば」ファンとして是非訪れたいと思っていたので、感激でした。特に、念願かなって「地球屋」の中に入れて、物語の世界観に自分も入り込んだような感覚になり、幸せなひとときでした。ジブリパークの新エリア、もののけの里に行ってきました【愛知、モリコロパーク】もおすすめです。

「耳をすませば」地球屋

「青春の丘」は、「耳をすませば」で主人公月島雫がたどりついた、アンティーク家具や時計の修理販売を行う店「地球屋」(中は撮影禁止)があるエリアです。

2階には家具のほか、からくり時計、人形、木馬などが置かれています。1階には天沢聖司が見習いとしてバイオリン制作を学んでいた工房があります。

バルコニーにも出ることができ、愛・地球博記念公園を見渡せます。地球屋でポストカードや切手シートを購入し、ポストから手紙を出すこともできます。

「地球屋」の前には天沢聖司くんの自転車が止まっていて、黄色のアウターも置いてあり、試着もできます。建物に入る前からトキメキがとまりません。

「地球屋」の中は物語の空間そのままが再現されていて、嬉しかったです。会いたかったバロンの瞳は本当に美しくて吸い込まれそうでした。

からくり時計も一定の時間ごとにからくりが動き、物語の世界をそのまま感じることができ、大感激でした。スタッフさんに動く時間を教えてもらえます。

「猫の恩返し」猫の事務所、電話ボックスほか

「猫の恩返し」に登場する「猫の事務所」は猫サイズで建てた木造平屋の建物です。建物の中にはバロンとムタの姿もあり、見ることができます。

「猫の事務所」は写真撮影OKとのことでした。本物の建築物と同じように作られた建物自体も家具や小物も精巧なつくりで、見応えがありました。

エリアに入ってすぐの場所に公衆電話のボックスがあり、皆さんが並んでいるので並んで順番を待ち、受話器を上げるとある音声を聴くことができました。

ロータリー広場にはバスの待合室があったり、エリア全体が楽しい空間で、「耳をすませば」ファンとしてこのエリアに来られて本当に良かったと思いました。

ジブリパーク、ジブリの大倉庫に行ってきました【愛知、モリコロパーク】(1.アクセス、駐車場)はこちらです。ジブリパーク、ジブリの大倉庫に行ってきました【愛知、モリコロパーク】(2.なりきり名場面展)も良かったら。ジブリパーク、ジブリの大倉庫に行ってきました【愛知、モリコロパーク】(3.ジブリがいっぱい展)はこちらです。ジブリパーク、ジブリの大倉庫に行ってきました【愛知、モリコロパーク】(4.お土産ショップ)も良かったら。ジブリパーク、ジブリの大倉庫のカフェ大陸横断飛行に行ってきました【愛知、モリコロパーク】もおすすめです。